リボンの表裏を見分ける方法~意外と知らないオモテとウラ

作り方【無料レシピ】&おすすめツール

リボンを使って、可愛い物作るぞ♪

と、カットしたリボン。
さてとりかかろうっていう時に、「表と裏」って気にしていますか?

片面サテンや片面プリントのリボンはともかく、

両面サテンやグログランリボンなどは特に…大して気にしてない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かく言うという私も

シロメさん
シロメさん

表裏!??
もうカットしてあるから分からへん…。(小声)

という状態でした。

…かれこれ十年近く前…(遠い目) 、リボンレイを習っていた頃に教わり
コレ意外と知らなかったな、と思ったことだったので
その方法をご紹介します。

リボンの表と裏を見分ける方法

切った端(片方でOK)が空中にある状態にしてちょいとつまむか、手のひらに載せてみてね。

すると…

裏返してみます。

上下の差、分かりますか?

ぴろんと垂れる側そうでない側がありますよね。

最初の画像がオモテ側

下の画像がウラ側。です。

字で表してみると

表→  ←裏

リボンは一般的にオモテ面を外にしてスプールに巻かれて出荷されるためです。

このクセが、アイロンを掛けたとしてもとりきれない。(最高級な○○リボンや異素材のリボンはこの限りではないと思います…私が取り扱う範囲の物は…ですね。) ※柔らか~いリボンや廉価グログラン等、表裏の差がほとんどないものもあります。

これをちょいと気にすることで上級者の仕上がりになります。

リボンの表裏を意識した作品例

こんな時、差が出ることも。

たとえば、リボンのループをふんわりとさせたいとき

ふんわりしてるでしょ?

お花を作るときにハリを持たせたいときなども

あえてウラ側を表に使います。

オーガンジーを使用したアクセなど、ふわりと踊るような、ランダムな感じにしたいときは
逆向き同士がおしゃれな感じ?

無邪気な雰囲気に♪

できあがりを想像して、このクセを有効活用すると楽しいよ♪

作品の雰囲気や好みに合わせて、リボンの「裏と表」を使い分けてみてくださいね!

シロメさん
シロメさん

まー何も考えず結んでみて、なんか違うかな~と思ったら
裏返してみたり…色々試してみたら、自分なりの正解がみつかるちや。リボンの表情、楽しんでみてね!

くりちゃん
くりちゃん

突然出てくる不自然な土佐弁やめい

コメント

タイトルとURLをコピーしました